民事事件の弁護士費用   

​(1)金銭的請求事件

 着手金及び報酬は、経済的利益(着手金は請求金額又は被請求金額、報酬は回収額又は減額分)に一定のパーセンテージを掛けた金額及び一定額を加算した金額で、下記の表のとおりとなります(いずれも消費税込み)。
 また、交通事故に関して、弁護士費用特約に加入されている方につきましては、タイムチャージ方式にて受任させていただくことがございます。タイムチャージ方式の場合の時間単価は、1時間あたり2万2000円(消費税込み)とさせていただいております。

​着手金表

経済的利益の額
弁護士費用の額
0円~125万円
11万円
125万円~300万円
8.8%
300万円~3000万円
5.5%+9万9000円
3000万円~3億円
3.3%+75万9000円
3億円~
2.2%+405万9000円

​報酬表

経済的利益の額
弁護士費用の額
0円~300万円
17.6%
300万円~3000万円
11%+19万8000円
3000万円~3億円
6.6%+151万8000円
3億円~
4.4%+811万8000円

※ 着手金及び報酬ともに、事案が複雑又は困難な場合には、上記表から20%~30%増額させていただくことがございます。

※ 示談交渉から民事調停手続又は訴訟手続きに移行する際には、別途、追加着手金として上記金額の1/2以内の金額(最低額11万円(消費税込み))をご請求させていただきます。

​(2)非金銭的請求事件

①居室又は駐車場明渡請求事件

​ 次のとおりです。但し、未払賃料請求及び原状回復費用請求については、別途、上記(1)金銭的請求事件に倣い、報酬額を算定いたします(未払賃料請求及び原状回復費用請求の着手金については、下記金額に含んでおりますので、別途費用は掛かりません)。

居室のみの場合

着手金      16万5000円

報酬金      16万5000円 

明渡強制執行着手金 3万3000円

立会日当      1万円~3万円           

居室+駐車場の場合

着手金      22万0000円

報酬金      22万0000円 

明渡強制執行着手金 3万3000円

立会日当      1万円~3万円

②境界確定事件

​着手金    33万~55万円        報酬    33万~55万円

​③その他の非金銭的請求事件

​事案に応じて、協議させていただきます。